二の腕や背中のたるみは筋細胞をリフレッシュすることで抑制!!!

二の腕や本人からは見えにくい背中は、年齢によりたるみやすい箇所です。
筋肉がもともと少なく、意識して鍛えていないと筋肉量が少ないところなので、油断をしていると即たるんだり段々腹のような状態になってしまいます!!
けれどダンベルなどで筋肉トレーニングをするのはハード、忙しいあるいは体調の問題でできにくいという場合は、鍛えるのではなくて、新しい筋細胞にリフレッシュさせてあげることが重要です!!
筋肉がたるんだり衰えてしまうのは筋細胞が劣化してしまうことが一因です。
そのため劣化させないようにすることで、たるみを抑制することができます。
筋トレ以外で筋細胞をリフレッシュさせるには指圧が有効です。
指圧は筋膜やつぼに対して行うと効果を感じやすくなります!
二の腕の筋肉の筋に沿って指圧をゆっくり行うことで、普段使っていない古い筋細胞が破壊されて生まれ変わるきっかけをつくります。
また背中の場合は、指圧マットに横になって刺激を与えることでもエイジングケアになります。
皮膚のたるみは筋肉の老化が原因なので、筋細胞をリフレッシュさせることで進行を防げます!!!