過剰な洗顔でニキビが悪化!!!

ニキビを治すために洗顔を一生懸命行っていませんか。しかし、その行為がニキビを悪化させている可能性があります!!
思春期ニキビは過剰な皮脂分泌による毛穴のつまりが原因なので、洗顔をして余分な皮脂を取り除きます。一方、大人ニキビの場合は肌が乾燥していることが少なくなく、過剰に洗顔をすると肌の乾燥が進行をしてしまいます。その結果、肌の新陳代謝(ターンオーバー)がうまくいかなくなり、古い角質が蓄積をして毛穴がつまりやすい状態になります。そして、わずかな皮脂でも毛穴に詰まってしまって、毛穴内部でニキビの原因菌が繁殖をしてニキビになります!!
大人ニキビのケアに必要なことは保湿です。洗顔は多くても朝と夜の2回までにして、洗顔後は保湿系の化粧品でケアをします。ただし、保湿系化粧品の中にはオリーブオイルなどニキビができやすい成分が含まれていることがあります。ノンコメドジェニックの化粧品だと、ニキビができやすい成分は使用されていません。こういったものを選ぶとよいでしょう!!!