まつ毛のお手入れ方法

梅田で人気のまつ毛エクステサロンで聞きましたが、マスカラを塗る際はまず美容液をつけて下地をつくります。

次にボリュームを出すマスカラを塗り、繊維の入ったマスカラを塗り、最後にもう一度ボリュームを出すマスカラを塗ります。

毎日、こんなにマスカラを塗っているとメイクを落とすときに時間もかかりますし、まつげを傷めてしまいます。そこで私は、なるべく目をこすらずすむように、アイリムーバーを使います。アイリムーバーでなくてもまつげ用リムーバーを使うこともあります。リムーバーを塗ってからオイルで顔全体のメイクを落とします。

マスカラがとれにくいので、まつげを親指と人差し指の腹で摘まむようにこすりあわせてメイクおとしをするという話をよく聞きますが、これはまつげに非常に悪影響なのでおすすめしません。まつげが抜けてしまう原因にもなります。

更にまつげが抜けると長さも無くなります。メイクをおとし終わったら、寝る前に美容液を塗ります。美容液を塗る前に、化粧水や乳液などお肌のケアは全て終わらせます。

マスカラの美容液を塗る時のコツですが、マスカラと同じように目の内側から下から上に塗るのではなく、まぶたの方(目の上側)から塗ります。マスカラを塗るように、まぶた側の生え際からまつげの先端に向かって伸ばすように美容液を塗ります。

この方がまつげの生え際か先端までに美容液を塗ることが出来ます。美容液のかわりに、まつげの育毛剤もあります。私の経験上、まつげの育毛剤はまつげが太くなり、見た目でわかるほどの変化を感じました。育毛剤を使用した際は、美容液とは違い、なるべくまつげの先端からつけるようにしました。

育毛剤は美容液よりも成分が強いので、直接、肌につくことを避けるためです。肌に直接ついてしまうと、まぶた等が変色する可能性があり、変色を防ぐためです。まつげのケアをする事で、他の部位に影響を与えたくはありません。他の部位も今まで通りケアしつつ、更にまつげのケアを出来る方法で、つけまつげもまつげのエクステもせず、自まつげでメイクをしてます。

ぜひ参考にしてください!!